Menu

めぐみちゃんの一日

Home
めぐみちゃんは、おもちゃのまち幼稚園の年少さんです。
きょうもわくわくの一日がはじまるよ!

登園

笑顔と笑顔で「おはようございます!」一人ひとりの様子をみながら迎え入れます。

保育

幼児期は発達が揺れ動いている時期ですから、「あそび」という不定形(=総合的)な要素が必要かつ重要で、一人一人の発達の順序を大切に、環境を通して行う教育を展開していきます。これが幼稚園教育の特性です。

環境とは、教具・遊具・用意された素材などの物的なもの、クラスの友達や教師の関わりなど人的なもの、さらには人や物が相互に関連しあってかもし出す雰囲気、時間、空間など幼児を取り巻くすべてをいいます。

幼稚園は意図的な教育の場ですから、教師はねらいを持って計画的に環境を構成します。そして、動と静のバランス、自然の素材や季節感を大切にして、知的好奇心を刺激しながら、子どもたちの興味・関心や活動(あそび)の展開に応じて、次の活動がさらに発展していくよう環境の再構成を行います。

幼稚園におけるこうした活動(あそび)を通して、子どもたちは自発的な計画(Plan)・実行(Do)・評価(See)を繰り返します。評価が計画どおりでなければ、計画を修正して再度実行します。これをピアジェの考えに沿った理論で「PDSサイクルシステム」といいます。このシステムが有効にはたらくと、子どもたちの力はぐんぐんと伸びていくのです。

ポイントは幼児一人一人が主体的に活動(あそび)に関わるということ。そのために、私たちは、常に応答的で変化に富む環境づくりを心がけています。

昼食後の時間

はみがきをして身支度を整えたら、先生のまわりに集まって絵本や紙芝居を読んでもらいます。先生と一体化して心があたたまるすてきな時間です。信頼感につつまれて、豊かな感性や情緒をはぐくみます。(読み聞かせでもPDSサイクルシステムが働きます)

降園

明日への期待を胸に「さようなら。またあした!」
希望者は「預かり保育」や「課外教室」を利用できます。